留学で学べるのは語学だけではない

留学は自分の成長につながることに加え、多くのメリットがあります。ただし、留学に関しては気をつけなくてはいけない点もあるので、自身の留学経験から感じた点、アドバイスできる点についてお話ししていきます。

まず、留学目的の一つに語学力アップがあります。日本にいてもなかなか英語を使う機会がないので、それなら英語を使う環境に身を置こうと考えるのは自然な流れです。期間にもよりますが、やはり一年以上海外に留学していた人は一定の語学力が身についた人が多いです。それが経験になって、進学や就職にも役立っている人はいます。

ただ、気をつけなくてはいけないのが、留学前に一定の実力が必要だということです。英語のレベルアップが目的なのに留学スタート時点で、中学生内容の英語もわからないようであれば、留学しても大きな成果は見込めません。あくまで留学は実践練習の場です。最低限の語彙力、読解力、リスニング力など基本の力があるからこそコミュニケーションの機会が増えた時に役立つのです。英語力がゼロでは話したいことがあっても何も話せません。留学を考えるなら、行く前にある程度は自分で英語の勉強はしておきましょう。

そして、語学力向上よりもはるかに意味のある、留学の最大のメリットは、海外に人のネットワークができるということです。今まで日本でしか生きてこなかった人が、留学がきっかけで国境を越えたつながりを持つことができます。外国人の友人の紹介などでさらに別の外国人の友人ができるかもしれません。また海外で生活することで外国人の人たちがどういう価値観で育ってきたのか、を肌で感じることができます。そういった経験があると外国人の方に共感したり、異文化を肌で理解できるようになります。これは日本にいるだけでは決してできない経験です。

語学力向上は確かに大きいメリットの一つですが、外国の文化を肌で感じ、外国の人とのつながりができることこそが留学することの本当に大きなメリットです。