英語だけではない、留学で得られる本当のこととは?

私は大学在学中に交換留学生として、スウェーデンへの留学を経験しました。スウェーデンの大学は授業を英語で実施しているコースが多くあり、ヨーロッパやアフリカ、アジア等の異なる国からの留学生と出会うことができました。大学で学んだことももちろん多かったのですが、そういった異なる国、文化の人々と知り会えた経験が、今社会人になって特に生かされていると感じています。
留学する前は日本から遠い国の出来事は、ニュースで知るだけのもので、全く現実味がありませんでした。しかし、留学を通して今まで知らなかった国の友達ができ、ただの地図上の国でしかなかったものが、人の顔、街並み、生活等が想像できる生きた場所になったのです。海外でテロや地震が起きたニュースを聞いた時に他人事ではなく、友達の顔が浮かんだり、自分が実際に訪ねた場所を思い出したりするようになり、外国に対する距離が縮まったように思います。
社会人になり、世の中のニュースや国際的な問題について考え、意見を求められる機会が増えました。そういった時に世界が身近な存在に感じられるということがとても役に立っています。